活動報告

相生市 万葉の岬

ワタの栽培田に自然観察実験塾の「のぼり」が立つ 2020-08-31 (Mon)

ワタの栽培田には白い花、ピンクの花、大きく膨らんだ実、弾けた綿花などで賑やかです。
雑草も大きくなりワタと混在していますが、これからは台風の時期、風雨でワタが倒されてしまわないように雑草との絡みを利用しようと、しばらく放置します。
綿花(コットンボールとも呼ばれる)はワタの下の方から開いて来るのがわかります。新しい花は枝の先でまだ咲いています(下の画像参照)。拡大した画像では、開く前の膨らんだ綿の実が見えます。

和綿の綿花弾ける 2020-08-27 (Thu)

和綿の実が弾け綿花が現れました。
”綿柎開(わたのはなしべひらく)”の候に合わせて、和綿も綿花が現れました。
洋綿との大きな違いは、下向きで開きます。大きさも小ぶりです。
和綿の繊維は短く少し太く弾力性があり繊維も強靭なため、布団綿として重宝されるようです。
日本はかなり以前から綿花や綿糸はほぼ完全に輸入に依存していますので、布団に使用されている綿もほとんどが洋綿だと思われます。洋綿でふかふか布団にする工夫をしながらというところでしょうか?手作りの和綿で作った布団の味わいを試してみたいと思いませんか?

自然観察実験塾の「のぼり」 2020-08-26 (Wed)

自然観察実験塾の「のぼり」がもうしばらくすると仕上がってきます。
デザインは左のようなもので、総会の時に頂いたコメントなどを参考にしました。少し絵とかが多いかと思いますが、自然観察実験塾の活動対象とする「山・野・川」を主体とし、そこに棲む動植物を拾い上げて取り入れました。アゲハの里、ワタ、ツバキ、河川と河口を示し、昆虫採集等で楽しむ、というモチーフです。