自然観察実験塾

会員・参加者・ご協力、大歓迎です

自然観察実験塾 カレンダー

活動日誌と予定

2020-06-14 (Sun) 

ワタのミニクラフト教室 第一回 開講しました。


2020-06-4 (Thu) 

草引き・草処理 ワタは順調に生育するも雑草も・・・(;_;)


2020-05-11 (Mon) 

ワタの芽吹き確認 双葉の出現を見て安心


2020-05-06 (Wed) 8:30 - 10:30

ワタの種蒔き(3回目)


2020-05-31 (Sun) 10:00 - 12:30  新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言により開催を中止

プラナリアや水生昆虫の採集と環境指標生物  きれいな川を知る目安  ひょうご環境体験館 注!!雨天中止


2020-05-30 (Sat) 14:00 - 16:00  新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言により開催を中止

プラナリアの再生実験 ひょうご環境体験館


2020-05-02 (Sat) 8:00 - 10:00

ワタの種蒔き(2回目)


2020-04-26 (Sun) 13:00 - 14:00  新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言により開催を中止

アゲハの成長と越冬 ひょうご環境体験館  越冬中のアゲハのサナギをプレゼント(アゲハ以外の昆虫になるかも)


2020-04-26 (Sun)   10:00 - 11:30

ワタの種蒔き ミニクラフト教室や小学校理数教育支援に使うため


2020-04-03(Fri)

活動実績報告書・活動助成金支払請求書の提出 →助成金の支払決定通知を受けとる


令和2年度---------------------------------


2020-03-29(Sun)

西播磨花の郷調査・見学 カタクリやしだれ桜


2020-03-27(Fri)

ウマノスズクサとその他の栽培開始


2020-03-21(Sat)

自然観察実験塾定例会 アゲハの里 10:00から


2020-03-18(Wed)

チトセカズラ、コクサギ、クチナシ他の挿木


2020-03-14(Sat)

柑橘類の追加植樹とセリ科植物パセリやセロリの栽培開始


2020-02-28 (Fri)

自然観察実験塾 アゲハの里の手入れと害獣対策 & 会員研修会・来年の活動について 懇親会(BBQ)

 奇数月の第3土曜日を定例会としてアゲハの里で開催


2020-02-07(Fri)

ひょうごの生物多様性保全プロジェクト助成金への応募締め切り  申請書提出済 結果は4月に


2020-01-18 (Sun)

プラナリアの切断と再生実験 東京都葛飾区柴原小学校


2019-12-15(Sun)

手紡ぎの糸を使って織りの体験 (参照サイトはこちら) 各自作品を仕上げ作品展示会(2020-04~)


2019-11-24

手紡ぎ糸の作成と糸の捻止め


2019-11-9

篠からスピンドルを使って糸紡ぎ


2019-11-8

ひょうごの生物多様性保全プロジェクト団体活動発表会 口頭発表、ポスター発表、チラシの配布 

場所:神戸市教育会館大ホール     時刻:10:30〜16:00

「ふるさとの自然を守るサイエンス」がひょうごの生物多様性プロジェクトとしての認定された


2019-10-12, 13

「環境指標生物の調査・プラナリアの切断と再生実験」於ひょうご環境体験館 (台風19号で中止)


2019-10-6

コットンボールから綿繰り・篠作り


令和元年度---------------------------------


2019-3-13

ひょうごの生物多様性保全プロジェクトの活動団体として選定されました


 小・中学生を主たる対象とし、身近な環境についての興味ある課題や疑問の解決に、実験や観察によって取り組み事実の発見と理解に努めることで、主体性・積極性を育み、自分の考えに自信を持たせることを目指す。科学的な考え方や表現とその理解力も養成する。

 「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」として剪定されたことで、生物の「命をつなぐ」仕組みとしての生物多様性に重点を置き、さらに「ひょうご」と「西播磨・相生市」に限定する植物などを取り上げ、活動基盤の地方色を強める。また小・中学生だけでなく保護者等も含めた家族ぐるみで、本活動の年齢層の拡大を狙うとともに生物多様性について考える幅を広げる。


プロジェクト活動 (実験・観察・理科教室での個別指導 ⇨ ”わかって楽しい・理科実験”)

  身近な山野に生息する動植物の生態観察と理科実験(チョウの里、昆虫の成長と越冬、共生の観察、灯火採集)

  矢野川水系や相生湾に生息する生物の生態と理科実験(プラナリアの再生実験)

  自然と衣・食・住  ワタの栽培と糸紡ぎそして織りまで(ミニクラフト教室)

  将来の生活に不可欠なコンピュータプログラミングに触れる機会を作る(プログラミング教室)

  多様性の創造の原点である遺伝現象に気づかせる(ショウジョウバエ、アサガオ、線虫など)


グループ活動 (会員を中心に、一般参加者と共に実施する)

  山と川、そして里山を生かした自然との関わり(薬草探し、農業害獣の行動調査など)

  西播地区の希少動植物種に注目ーそれらの保全と育成(コヤスノキ、チトセカズラ、キベリハムシなど)

  星のきれいな町での天文観察を通じて地球誕生の歴史を考える

  会員各自の植物栽培の推進と生産物の利用法、昆虫・河川の生物などの飼育観察の支援活動

活動方針の概要

Page Top にカエル

Home Hopper

配布チラシ ダウンロードはこちらから

今後のプログラム(予定)

コロナ禍に伴う自粛・閉鎖等のためプログラムの変更・キャンセル等が発生しております。会場の変更等も起こる可能性がありますが、なにとぞよろしくご了解下さいますようお願いします。

10月25日(日)13:30 ~ 15:00

子供と遊ぶミニクラフト教室 第2回

会場:ひょうご環境体験館



活動日誌に新記事掲載