沿革・活動内容

数カ所のサイトで掲載しており、分散した状態となっております。

ここに取りまとめるべく準備中です。


2019



2018



2017



2016

アゲハチョウの飼育と観察

 生物、特に昆虫類、爬虫類、両生類などの変温動物は冬を越す(越冬)ために特別の”生きる仕組み”を持っています。

 春になると、チョウが舞い、バッタが飛び跳ね、それを狙ってカエルが現れ、格好の餌食とばかりにヘビやトカゲが現れます。しかし、多くの変温動物は冬を越し、春に子供が生まれるようにしなければなりません。そのためには、冬がやってくることを事前に感知し、冬を越すための準備をすることによって、生死の境を乗り越えます。まさに、生命の連続を担って冬を生き抜くのです。

 その生命(いのち)をつなぐため冬の厳しい環境を生き抜く神秘的な現象を、アゲハチョウのサナギを飼育・観察することで、間近に見ながら考え、感動を得る機会を楽しんでみましょう。

 ゴマダラチョウなどは幼虫で越冬します。その幼虫も準備する予定です。

 生命の連続性という、文部科学省の教育目標に沿った内容でもありますから、それに関係するレポートも仕上げてみると良いでしょう。


  場 所:ひょうご環境体験館  〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-330-3

  日 時:平成28年11月27日(日) 13:30〜15:30

  講 師:山本 雅敏(国立遺伝学研究所、NPO科学教育研究所)

  参加者:小学生の参加を大歓迎します。中学生や保護者の方々も是非お越しください。

  参加費:無料

  持ち物:筆記具、サナギを持ち帰る容器(虫かご、牛乳パックなどサナギなどを持ち帰るため)

  申 込:ひょうご環境体験館まで



2015

自然観察実験塾の準備期間としての活動を行なった。

 灯火採集では、台風による雷雨に祟られ大変だったが、多くの参加者があった。この初回での雷雨の中の灯火採集は記念すべきものとなり、その後の継続の礎となった。そのほかに、メダカの初期発生、昆虫採集、昆虫の名前調べ。最後に参加者にカブトムシのプレゼントを行なった。昆虫採集では、山に入り草むらを探した結果、ヤマビルの被害にあった参加者も数名あった。


沿 革

 2015年度の活動は、NPO科学教育研究所の単独活動であった。その時の協力者川本浩司氏が当時の子供達の目の輝きに活動の必要性を感じ、協力して活動すべく”自然観察実験塾”の立ち上げを行なった。


 2016年度に自然観察実験塾を立ち上げました。

年度別活動

Page Top にカエル

Home Hopper