相生市 万葉の岬

ウマノスズクサとその他の栽培開始 2020-03-27

ジャコウアゲハ(姫路市の市蝶)を呼ぶには、その食草である”ウマノスズクサ”が必要である。新たに10本を植えた。アゲハチョウの食草はそれぞれ異なる。アゲハの里としてできるだけ多くのアゲハにとって産卵や成長の場とするため、色々と食草の栽培をする計画である。

すでに栽培しているミカンなど柑橘類や周囲にたくさん生えているサンショウには、ナミアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハが主に訪れる。モンキアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ などを呼び寄せるためには、カラスザンショウやコクサギが必要。カラスザンショウはすでに準備し、コクサギは挿し木で増える状況にある。



アオスジアゲハはクスノキやタブノキ、ニッケイなどを食草とする。アゲハの里にはシロタブノキが数本生えているので、そこでの産卵を確認してみよう。







注意すべきはヤマビル。朽木に隠れて越冬していたヤマビルもいたが、この時期になると出現するようで、活発に動くヤマビルを発見。